豊穣之追求心~我望、完全王者~

”信じる価値””期待する価値”を追い求める日々
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相川選手と基本合意

相川が3年4億5000万でヤクルトへFA移籍。
今オフのFA移籍はのりさんに続いて2人目ですが、相川はBクラスの選手。横浜に6000万円or4000万円+1人の補償が発生します。

そして、横浜はすでに人的補償を要求している模様。早速、本題の予想に移りたいと思います。



■Baystars needs
1 中継ぎ投手
2 先発投手
3 二遊間


■Swallows Protect List (28)
・Protect Player (21)
石川雅規 館山昌平 川島亮 松岡健一 押本健彦 五十嵐亮太 佐藤由規 村中恭平 加藤幹典 増渕竜義 佐藤賢

宮本慎也 川島慶三 田中浩康 畠山和洋 川端慎吾 鬼崎裕司 
青木宣親 福地寿樹 飯原誉士 上田剛史 

・Quetionable Protect Player (13)
石井弘寿 高井雄平 松井光介 花田真人 鎌田祐哉 丸山貴史 高市俊
福川将和 川本良平 衣川篤史 米野智人
武内晋一 城石憲之 梶本勇介 三輪正義 野口祥順
志田宗大 宮出隆自 ユウイチ



上記リストの21人は確定だとして、残るは7枠。
昨季主に一軍で起用された松井、武内、志田、川本を加えてあと3つ。

問題は、石井弘、高井、福川をどうするか。
石井弘は怪我持ち、高年俸でメジャー志向。
毎年毎年期待だけはされる高井は、ドラフトで左腕投手を大量に獲得。
福川については、昨季はレギュラーとして働いたが、相川より劣るのは明らかで、控えにするなら若い川本や、衣川の方がいい。ドラフトでも2人の捕手を獲った。

この3人をプロテクトするならリストは完成。横浜が人的補償に選ぶ選手は丸山、鎌田、梶本あたり。

この3人をプロテクトしないなら、丸山、高市、梶本(or三輪or野口)をリストに。人的補償は高井が有力かな。


石井一久のときの福地といい、和田さんの岡本といい、ビッグネームが補償で移籍するケースもあるので、その目線で行くと石井弘寿。そうでなければ、鎌田が指名されると予想。

高市が移籍してつばくろう涙目wwのパターンも見てみたい気もするがwww
スポンサーサイト
パート4

■巨人 (1月14日更新分)
エイドリアン・バーンサイド 期待度/★☆☆☆☆
   →結果 ★★☆☆☆
ひとこと)シーズン中盤のローテのやりくりが苦しい時期に良く投げてくれました。しかし、李承が戻ってきてからは外国人枠の関係で2軍暮らし。頭の悪い獲得がまんま表れました。


■中日 (2月13日、2月22日更新分)
マキシモ・ネルソン 期待度/★★☆☆☆
  →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)森繁のドミニカ土産。
何気に6試合に登板。そして6イニングで4与四球という暴れっぷり。

トマス・デラロサ 期待度/★★☆☆☆
  →結果 ★★★☆☆
ひとこと)アライバ五輪期間補充のために獲得したが、少なくともそれ以上の活躍をしてくれた。ベンチに彼がいることで積極的に内野手に代打を送りやすくなった。
しかし来季、荒木の代わり、井端の代わりにデラロサが出場してるようだとお先真っ暗。アライバを抜けとは言わないから、デラロサは抜け!>若手内野手

■オリックス (3月6日更新分)
エリック・ヤング 期待度/★★★★☆
  →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)こんなやついたの? そんでこんな奴に4つ星評価のオレorz

ラモン・オルティズ 期待度/★★★★☆
  →結果 ★★★☆☆
ひとこと)4回6失点で鮮烈デビュー。その後は5回を1~2点でまとめるつまらない投手になり、期待を裏切りましたが、シーズン最後の登板で1.2回9失点。華麗に散りました。


■ヤクルト (6月10日更新分)
ウィルソン・バルデス 期待度/★☆☆☆☆
  →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)やはり、聖域を継ぐには力量不足でした。
パート3

■ロッテ (1月11日更新分)
ウィンストン・アブレイユ 期待度/★★☆☆☆
  →結果 ★★☆☆☆
ひとこと)開幕から9イニング連続無失点を記録するなど、YFKの抜けたブルペンで良い存在感を示していた。しかし、5月下旬にひじを痛めて帰国。その後は1軍2軍ともに登板することなく自由契約となった。
ホールトン同様奪三振率は高い(9.97)。課題のコントロールも21.2イニングで8与四球となかなかの数字だった。


■ヤクルト (1月12日更新分)
ダイエル・リオス 期待度/★★★★☆
  →結果 ☆☆☆☆☆
ひとこと)韓国リーグ126試合姓の中で33試合に先発登板。234.2イニングを投げ、直近4年間の平均投球回数226.2は薬物で固められた偽者だった…。

林昌勇 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★★★☆
ひとこと)05年の右肘故障から一気に衰えたため、今年もダメだと思っていた。しかし、その肘の状態は全盛期張りといっても過言ではないほどになっていた。
サイドハンドから浮き上がるような起動の150キロを超えるストレート、消えるように鋭利なスライダー。防御率は寺原を除く守護神5人中最低だったが、残したインパクトは最強だった。
日韓通算200Sも記録。


■オリックス (1月13日更新分)
ジェレミー・パウエル 期待度/★★★☆☆
   →結果 ------
ひとこと)袖を通したユニフォームが違う…

アレックス・カブレラ 期待度/★★★★☆
   →結果 ★★★★★
ひとこと)オリックス大躍進の中軸。OPS.987はリーグトップ。昨年途切れた連続30HRも今年は36HR。打点104に打率.315、得点圏打率も.353で言うことなし。
パート2。

■日本ハム (1月8日更新分)
ターメル・スレッジ 期待度/★★★☆☆
   →結果 ★★★☆☆
ひとこと)まぁ、予想通りといえば予想通り。開幕当初はセカンドゴロゲッツーばかり打つ癒し系外国人でしたが、終わってみれば、規定打席到達で.288、16本69打点。得点圏打率はリーグ2位の.355を記録し、ハム打線の中軸を担いました。来季が2年契約の2年目。

(6月13日更新分)
ジェイソン・ボッツ  期待度/★★★★☆
   →結果 ★★☆☆☆
ひとこと).253 5本16打点。これだけなら間違いなく星1つ評価でしょうが、実は、来日当初の7月を除けば.307。そして、右打席では.350打ってるんです。来季は大化けのヨカーン


■阪神 (1月9日更新分)
ルー・フォード 期待度/★★★☆☆
   →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)はい、出ました、自分の節穴評価。シーズン序盤はそこそこ使われてましたが、林の復帰と共にバイバーイ

スコット・アッチソン 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★★★☆
ひとこと)先発としてはパッとせずも、中継ぎで約1か月半無失点を続けた。テンポの良い投球内容が持ち味で、相手打者にゆっくりと構える隙を与えなかった。

アーロン・バルディリス 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★★☆☆
ひとこと)今年一年で結果として評価するのは無理。献身的な姿勢でチームに溶け込もうと努力する育成メインの外国人。星一つおまけ。

アルビス・オヘイダ 期待度/★☆☆☆☆
   →結果 ------
ひとこと)育成契約するも、支配下登録まではいかなかった。



■ソフトバンク (1月10日更新分)
マイケル・レストビッチ 期待度/★★★☆☆
   →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)これこそまさに癒し系外国人。脱力キャラ。ゆるキャラ。

D・J・ホールトン 期待度/★☆☆☆☆
   →結果 ★★☆☆☆
ひとこと)抑えやったり、やっぱり先発に回ったり、挙句の果てにはガトームソンやパウエルやらニコースキーやらとの外国人の関係で登録抹消されるケースも多かった。
奪三振率は9.18。きちんと使っていればもっと活躍できたはず。退団。



今年の1月~3月に賭けてトロトロと連載してきた『新外国人を探れ』で最後にちょこっと書いてきた期待度の答え合わせでもしようと思います。


■広島 (1月5日更新分)
スコット・シーボル 期待度/★☆☆☆☆
   →結果 ★★☆☆☆   
ひとこと)打者天国FLAのAAAで打ちまくっていたのはやはりフロックだった。OPS.800以下なのは外国人としては論外。
背番号25をタクローに奪われる形になったが、57番で再契約。

------------

コルビー・ルイス 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★★★★
ひとこと)MLBで被弾の山だった直球はどこへやら。球威抜群の直球で広島投手陣のエースとして牽引。今年のNO.1助っ人。

------------

ベン・コズロースキー 期待度/★★★☆☆
   →結果 ★☆☆☆☆
ひとこと)メジャー15球団との獲得競争の末に獲得した選手としては物足りなかった。長身で左腕で、はまれば面白かっただけに、勿体無い。今季限り。

-------------

マーク・シュルツ 期待度/★☆☆☆☆
   →結果 ★★★☆☆
ひとこと)真っ直ぐだけの投手というのが自分の評価でしたが、その直球が良かった。来季も残留。永川の前のセットアップマンとして期待されてる。


■横浜 (1月6日更新分)
マイク・ウッド 期待度/★★☆☆☆
  →結果 ★★★☆☆
ひとこと)3勝12敗は全く持っていただけない数字ですが、今年の横浜のローテでは三ツ星評価。

-------------

デーブ・ウィリアムズ 期待度/★★☆☆☆
  →結果 ☆☆☆☆☆
ひとこと)こんな奴いたの?その1

--------

トラヴィス・ヒューズ 期待度/★★★☆☆
  →結果 ☆☆☆☆☆
ひとこと)こんな奴いたの?その2

---------

JJ・ファーマニアック 期待度/★★★★☆
  →結果 ☆☆☆☆☆
ひとこと)高評価してたのが恥ずかしい><
どこでも守れるユーティリティー性を持つも、あまりにも打てなさ過ぎで湘南の星に。

---------

ラリー・ビグビー 期待度/-----
  →結果 ★★☆☆☆
ひとこと)昨オフ発表されたミッチェルレポートに名前が挙がったため、評価ナシとしてましたが、終わってみれば横浜大量獲得外国人の中で一番活躍したのかも…



■西武 (1月7日更新分)
ヒラム・ボカチカ 期待度/★★★☆☆
   →結果 ★★★☆☆
ひとこと)豪快な打撃と少年のような守備でファンを魅了。佐藤友の右打ちと、片岡の足と、ボカチカの守備を見に西武ドームへ行こう!
あ、サインありがとね(9月24日、西武ドーム帰りの電車内で)。

----------

クレイグ・ブラゼル 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★★★☆
ひとこと)ただ単に、左だったということかもしれませんが、強力西武打線の4番として活躍。リーグ4位の27HRを放ちましたが、打率.234はリーグ最下位。

------------

マット・キニー 期待度/★★☆☆☆
   →結果 ★★☆☆☆
ひとこと)豪勢に蓄えたあごひげ以外は全く印象のない投手。『これといった特徴がなく、ローテの4番手5番手あたりで、ひっそりと、地味に、投げていそう。』と書いたとおりの地味さで1年を乗り切った。
こちらもサインありがとう。




意外とこれは書いてて面白いので、引き延ばしケテーイ。もう少しお付き合いくださいm(_ _)mペコリ
かーちゃん、お土産もらったよー

新外国人選手契約のお知らせ

毎年恒例となった、森繁のドミニカ土産。獲得したドミニカン全て使い物にならないという素晴らしい実績を引き下げて、今回も懲りずに獲ってきました^^;


トニ ブランコ(TONY BLANCO)
ポジション: 内野手
生年月日: 1980年11月10日(28歳)
身長/体重: 188センチ/102キロ
投打: 右投げ、右打ち
出身国: ドミニカ共和国
08年所属チーム: コロラドロッキーズ2A(Tulsa Drillers)

現在ドミニカ共和国ウインターリーグ、エストレージャスチームで活躍中。
右の長距離砲。

-----------
Tony Blanco

Blanco's three-run blast

05年にWSHでメジャー経験あり。56試合で62打数11安打、打率.177、1本塁打7打点というどうでもいい成績が残っています。
ポジションはMLB公式サイトでは外野手(LF)、ドラゴンズ公式サイトでは内野手。ウッズの抜けた一塁を福田や新井と争うという構想があるようです。
ただ今季の出場は三塁で62試合。これが一番多い守備位置です。一塁ではわずか1試合。守備力は良く分からないのですが、ウッズの穴を埋めたいなら、(ウッズほど打つのは無理なので)単純にグラブ捌きが上手かったり、どのポジションも器用にこなせるなど、守備でウッズとは違うところを魅せなければいけません。
福田や新井と争うレベルならそれはいらない。

悲しいけど、後者だと思います。

期待度:●○○○○
期待値:.223 1HR 5RBI


--------------

ネルソン パヤノ(NELSON PAYANO)
ポジション: 投手
生年月日: 1982年11月13日(26歳)
身長/体重: 186センチ/87キロ
投打: 左投げ、左打ち
出身国: ドミニカ共和国
08年所属チーム: シアトルマリナーズ2A(West Tenn Diamond Jaxx)

------
Nelson Payano

メジャー経験は無し。
常時150キロを超えるストレートと鋭い変化球が武器の中継ぎ左腕。地雷の臭いしかしない触れ込みの投手ですが、ドミニカのウインターリーグでは川井が所属したエスコヒドで15試合に登板し、防御率1.80と活躍しているとのこと。
手薄な中継ぎ左腕を補おうという構想があるそうです。

今季のドミニカ出身の投手では、ネルソンがいますが、体躯も違いますし、経験もこちらの方がありそう。
ドミニカ出身の投手というと、マルティネスやグラセスキにクイックなどを一から教えていたイメージがありますが、そういう選手ではないということは、森繁も少しは成長したかな、と思います。

期待度:●●○○○
期待値:9試合 0勝2敗 防御率6.98

プロ野球スピリッツ 5 完全版(初回生産版:全収録選手 データブック付き 豪華BOX仕様)プロ野球スピリッツ 5 完全版(初回生産版:全収録選手 データブック付き 豪華BOX仕様)
(2008/12/04)
PlayStation2

商品詳細を見る




買っちゃいました(*´д`*)


初プロスピですが、40分くらいで慣れました。ただ、入門編の『ヒットを打とう』はかなり苦労しました^^;


とりあえず、パワプロ13決と違うところ
・選手のリアルさ (アタリマエ
・動きのリ(ry
・三振が取りやすい
・一塁線、三塁線を抜ける2塁打がある
・ゲッツー崩れがおきやすい
・ランナー2塁でクリーンヒット→2塁ランナーホームへ→ダイレクトでバックホーム
 ここで打者走者が2塁を狙おうとすると、投手がカットして打者走者挟殺。
パワ13の場合は打者走者は2塁までいけて、しかも記録は2塁打。そもそも、正面のクリーンヒットでは還れない。


あとは守備も慣れないと難しいです。一塁線、三塁線の打球は上手く反応しないと獲るのは難しいです。

ちなみに、初HRは堂上兄(内海)、初被弾がセギノール(浅尾)でした。
今季被弾0の浅尾が、プロスピ初戦で被弾する俺って一体…('A`)


nori7.jpg

落合監督「野球人生を全うすればいい」ノリにエール

ノリ楽天! 前代未聞ユニホーム会見


■中村紀
「FA選手だからといって(ファン感謝デーに)出ないというのは絶対したくなかった。心の中で(ファンと)お別れがしたかった。この2年間、ファンの声援で持っているもの以上の力を出せた。感謝しています。」
「中日には一番つらい時期に拾っていただいた。骨を埋めるつもりでした。でも、こればっかりはうまくいかなくて。必要としてくれる楽天にお世話になろうと思った。」
「この2年間、少しは恩返しできたかなと思う。楽天では自分の持っているものを若い選手に伝えていきたい。最終的に野村監督を胴上げしたい。楽天と中日とで日本シリーズを戦いたいです。」
「監督からいろいろ勉強できた。感謝しています。」

■落合監督
「あのままなら(中村紀の)野球人生は終わってた。さびた体だったけど、下積みをさせて(他球団から)求められるところにいくための準備をさせてやった。(FAは)選手の権利なんだから自由に使ったらいい。喜ばしいこと。卒業証書を授与したみたいなもんだな。
大手を振って楽天で野球人生を全うすればいい。」


----------------
さて、ついに決着ですよ、と。

まず、移籍うんぬんの前に、ファン感謝デーに出てくれたことが驚き。移籍がほぼ決まっていたので、出ないのかと思ってましたが、まさか出てくれるとは。(ちなみに憲伸は欠席)
親善試合で打席に立つと、自然とスタンドから応援歌が口ずさまれたようです。

♪あらうーみを 乗りこーえて… 



メジャー挑戦失敗、古巣球団の消滅、1人キャンプ、年俸300万、腰痛…
本当に『荒海を乗り越えた』選手だったよなぁ…と思います。


たった2年間のお付き合いでしたが、ありがとうございました。
移籍先は楽天で、Kスタ宮城に行くきっかけを作ってくれるあたりは、さすがだなと思います。日本シリーズで会いましょう。


nori6.jpg

--交渉内容は

 「条件より、どれだけ僕がチームに必要か、一から十まで説明していただいた。僕から感謝の言葉も伝えました。残りの野球人生を、必要とされるところで思う存分プレーしたい。前向きに考えます」

 --野村監督から『高下在心』との言葉が贈られたが

 「監督がいう“枯れたヒマワリ”をもう一度咲かせたい。野村監督が来年で終わりという話も聞いているし、クライマックスシリーズにどうしても出たいとも聞いた。監督を胴上げしたい」

 --ポジションは

 「三塁手で、できればフル出場してもらいたい、と。僕もどんな状態でも出たい」

 --決断はいつまでに

 「家族に話し、仙台でプレーするかどうかを寝ずに考えます。決まればあす(26日)にでも『よろしくお願いします』といえると思います」


-----------------

これは決まったな。

さようなら、のりさん。2年間という短い期間だったけど、ありがとう。

ちなみに、古巣初顔合わせは4.18、大阪ドーム凱旋(あえて大阪ドームと表記)は6.26。


正直、獲得に乗り出したときは、自分も否定的な立場でした。しかし、そんな不安を払拭してくれる活躍。ドラゴンズ戦士にはない”勝負強さ”を持った選手でした。
日本シリーズを間近に控えたとき、のりさんはこう言っていました。「このままでは俺が入ったから優勝を逃したと言われる。なので、日本シリーズでは俺が入ったから日本一になれた、と言ってもらえるようにプレーする。」
結果はMVP。その次の年(今年)から、現地観戦時の背中には99番がありました。

そのユニホームも1年で終わり。大切に保管しておきます。









さて、これを機にアッキーユニに移るか。

けど、関東で売ってるかな?>アッキーユニ
夏のナゴヤ遠征まで我慢かな?>アッキーユニ
オンラインショップで買うのがベターなのかな?>アッキーユニ
落合監督がノリに「移籍のススメ」

中日・落合博満監督(54)が19日、FA宣言した中村紀洋内野手(35)に、移籍のススメを説いた。野球界の先輩として、新天地に再挑戦の場を求めることはプラスに作用するとして、直属の監督が異例の移籍推奨だ。

 「来年の三塁は森野。どうしても三塁をって言うなら、ヨソへ行けばいい。2年前はどこも手を挙げなかったけど、今は欲しいっていう球団がある。求められるってことは、野球人として幸せなことだよ」。自身も93年オフにFAで巨人に移籍した。よりよい環境、条件が整っているならば、高条件を選択するのは当然の道だとした。

 テストで拾ってもらった恩義を感じる必要もない。「オレは1年間、野球をできる環境を与えただけ。2年も頑張れたじゃないか。(FA宣言を)何を身勝手なとも思わないよ」。信じた道を進め。オレ流指揮官からの最後の助言だ。



野村監督 ノリは「枯れたヒマワリ」…楽天

楽天・野村克也監督(73)が20日、中日からFA宣言した中村紀洋内野手(35)にラブコールを送った。FA交渉解禁となったこの日、球団側は中村に電話で“速攻”をかけ、25日に都内で初交渉を行う約束を取りつけた。Kスタで秋季キャンプ中の指揮官は「ベテランだから、選手の鑑(かがみ)になってもらわんと」と吉報を心待ちにした。

 ノムさん流の誘い文句だ。「近鉄出身の選手が多いし、また子分をつくるんやないか。うちに来るのが彼にとっても一番ええやろ」オリックスと年俸交渉が決裂した06年オフにも獲得を検討した長距離打者。指揮官は、安定した三塁での守備も評価している。

 25日に行われる交渉では、球団側は2年契約で4億円程度の条件を提示する見込み。中村も誠意を感じているようで、初交渉で入団へ傾く公算が大だ。

 中村が自身を「(野村監督と同じ)月見草」と例えていたことを聞くと、ノムさんは「あいつは月見草じゃなくて枯れたヒマワリやろ」とジョークで返した。言葉の裏には、契約最終年となる09年に自分の下で大輪の花を咲かせてほしい、との期待を込めている。


----------------------------------------------

のりさんの豪快なイメージは、ドラゴンズに入団して、隠れるようになりました。
しかし、日本シリーズのMVPといい、チャンスに強い打撃といい、そのあたりの豪快さは、短期決戦に萎縮するドラゴンズ選手とは違うものでした。

それで彼のドラゴンズでの仕事は終わったということでしょう。
どうしてものりさんを残したいなら、三塁のり、一塁森野でもOKなんです。
けど、そういうことはしません。3~5年後は森野がチームを引っ張るはずですから。


のりさんのFA宣言自体が、起承転結の”起”とするならば、今回は”承”。
”転”があればいいですが…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。